SK C&Cは、AI、スマートファクトリー

韓国ITソリューションプロバイダーSK C&Cは、人工知能(AI)、クラウドコンピューティング、スマートファクトリーを基盤とした新たなビジネスを展開し、2020年までに年間売上高2.5兆ウォン(21億ドル)の目標を発表した。

同社の最高技術責任者(CTO)とR&Dセンターの責任者によると、韓国のITサービス企業は、先週、大型データとAI分析ツールを使って再処理データセットを含むITサービスを拡大すると発表した。

SK C&Cの最高技術責任者、李浩洙(Lee Ho-soo)氏は、「新技術の登場は、すべての業界において破壊的な変化とデジタル変換を引き起こすだろう。役員。

SKホールディングスは、クラウド、ビッグデータ、AI、スマートファクトリーを組み合わせた高度なコンバージェンスICTサービスを提供するデジタル変換を加速するため、データサービス会社に転換する予定だ」と付け加えた。

SK C&Cは、韓国で第3位の企業であり、売上高1,400億ドルを超えるSKグループの事実上の持株会社です。

SK C&Cはこれまで、B2B(Business-to-Business)部門の顧客にとって大きな利益をもたらすシステムインテグレーションとITアウトソーシングサービスに注力してきました。しかし、今年からは、次世代成長エンジンに焦点を当てました。

SK C&Cは5月初旬にBig Blueと提携し、銀行、通信、ロジスティクス、ヘルスケアなど、IBMのAI Watson上で動作するサービスを開発しました。

SKとIBMはワトソン会話用の韓国語を教え、韓国語のAPIを開発するために協力します。パンギョクラウドセンターでAIクラウドプラットフォームを構築しているため、地元の新興企業や開発者が新しいAIサービスを作成することができます。

ある企業の広報担当者は、ワトソン氏はSK C&Cが提供できるサービスを作成するためにデータとデータ分析が必要だと述べた。 「ワトソンはレゴのベースプレートだから、SKホールディングスC&Cは新しいサービスを作るためにレゴブロックを入れている」と彼女は語った。

SK C&Cは、今年ソウルにR&Dセンターを開設し、クラウドコンピューティングサービスCloud ZとAibrilというAIサービスを国内のAI、ビッグデータ、クラウドコンピューティング市場に展開しました。 SK C&Cは、「Aibrilを提供することにより、韓国でAIの強力な生態系を作り出すことを楽しみにしている」と述べた。

AibrilはIBMのWatsonをベースにしており、SKホールディングスC&CのPangyo Cloud Centerにある大規模なデータとクラウドコンピューティングシステムを採用しています。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

スマート・アプライアンス、自律的な運転のためにAIに投資するLG

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

オーストラリアの航空会社はSamsung Galaxy Note 7を禁止?Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインド通信を揺るがすiPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある、韓国のMinkonetはVRストリーミングサービスの上にネイティブオブジェクト広告を載せ、SamsungとT-Mobileは5G試行

AIはスマート・アプライアンス、自律的な運転、ビッグ・データ・アナリシス、AIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴走させた。人工知能; IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります