SAPサファイア:Hasso Plattnerがインメモリー・コンピューティングを語り、Oracleを打ち破る

SAPの5人の共同設立者の1人であり、監査役会長を務めるHasso Plattner氏は同社のSapphire Now会議で、同社のインメモリデータベース技術であるHANA技術的および戦略的な観点から、会社の未来にあるでしょう。

ハナは実験的なものではない」と話した。「運が良かったので、何かを見つけて10倍、100倍、1000倍速く走った。 HANAはプラットフォームであり、オンプレミスであろうとクラウドであろうと、ほとんどのアプリケーションの基盤となる道です。

:サファイア今2日目のラップ – 曇った混乱の日| SuccessFactorsのLars Dalgaardがクラウドフェンスのためにスイングする|最高経営責任者(CEO)が「より良い未来」のビジョンを発表| SAP HANA、リアルタイムパッケージ解析向けOperaソリューションチーム|持続可能性は死んでいる。持続可能な持続可能性

Plattnerは、技術の技術的詳細に深く没頭する時間を無駄にしました。これは、数千人のビジネスパーソンが聴衆に就いていることを考えるとちょっと奇妙な選択です。それにもかかわらず、彼は今日の技術の限界と、なぜHANAが彼らから自由な企業を助けると思うのかについて率直でした。

彼の話は簡単に1時間以上で、HANAの利点を段階的に説明することで説明しました。それでも、彼はその技術とその関連性に関するいくつかの観察を行った。

ハイライトのコレクション

Plattnerは、ライバルのLarry Ellison氏が、恐怖や不確実性を広げ、まだ十分に理解されていない影響についての疑問を広げていることに対して、いくつかのスワイプに抵抗しなかった。

私たちのお互いに勝つことができますし、お互いに戦うことができますが、あなたが本当にわからないときにシステムが実際にどのように機能するかを予測しないでください知りたくはありません。どちらかと言えばより良い情報になるか、それをしないでください。

ある時点で、PlattnerはHANAシステムのダイアグラムを投影して彼の背後にある大規模なディスプレイを指摘し、ストリーミングビデオを介して “Redwood Shoresの友人たち”に見えるようにした。

彼はその後、「FUDをコア運用に陥らせるべきではなく、他の企業はFUDを十分に知らない」と付け加えた。

しかし、手元のトピックに戻る。 Plattnerは、彼の主張を説明するために彼の話の中でいくつかの技術デモを採用しました。その中でも、SAPのBusiness One ERPシステム、Bigpointビデオゲームでのリアルタイムプロモーションの利用、CTO John L. Douglasの豪華な衣装バーバリーの販売促進アプリケーションの概要、HANAの高可用性のデモンストレーションカリフォルニア州サンタクララのデータセンターでサーバーを体系的にオフにし、システムがリアルタイムで応答するのを見て、

それのすべての中核ですか?インメモリコンピューティング。

業界で44年を過ごした後、私たちは比較的小さなお金でその規模のコンピュータリソースを持っていることがわかりました。

しかし、彼はもう1つの掘りに抵抗することができませんでした。

Oracle BIはHANA上でうまく動作します」とPlattner氏は言いました。「しかし、Oracleの観点からは好ましいバージョンではありません。

写真:Tom Raftery

私は集約が禁止されていると言っているわけではありませんが、集合体は選択の組織ではありません;単一選択データベースがコンピュータの物理的能力を超えるとは思わない;コードを変更する必要があります。 IBM、DB2、Oracle、NextDB、Microsoftなどの顧客の99%を捨てることはできません。機能面から見れば、HANAと既存の顧客が使用し、SAPがお金を稼ぐことができます;顧客は、セットアップに関係なく、スイートの利点を受け取りますHANAsとHANA-notsはありません。私たちが15年前にしたことを磨いている;そしてモバイルの登場により、メモリ内の問題はさらに増えている。あなたは何かのために3秒以上待つつもりはない」世界はどこに行くのか。それは小さなデータであろうと小さな答えであろうが、その答えを生成するための長いアルゴリズムであろうと、どのようなタイプのデータにも適用できます。ユーザーはこれについて気にしません;新しいアプリケーションは大きなデータを処理する必要があります。私たちはそれを即時に分析しなければならないので、同時にトランザクションと分析のシステムを持たなければなりません。私たちは多段システムを持つことはできません。これは現代的なアプリケーションでは遅すぎます; SQLは死んでいません。世界はSQL上で生活しています。企業の世界からSQLを引き出すと、世界は破壊されます。今日はデータ転送で18倍高速化しています。なぜ100倍も速く走れないのですか?それでもディスクに書き込む必要があります。これがボトルネックです。データ入力で500倍高速化することはできません;ビジネスレポートはオブジェクトを扱うのではなく、オブジェクト間の関係を処理しています;私たちが今、少なくとも技術を提供することができる未知の領域がたくさんあります。他の人にアプリケーションを構築させる。ハナは完全に第三者に開放されています。これは違いになります。私たちは20年前にこれを試しました[しかし、別の成功に直面してプラットフォームが落ちました]。今回は、この戦略的決定をSAPアプリケーションだけに戻すことはもうありません。私たちは非SAPアプリケーションを私たちのために行っていますが、まったく新しいアプリケーションのためにスピードの応用が開かれる企業がますます増えています;将来的にはペタバイトに対処する必要があります。私たちは過去20年間に行ったこの再編成に対処できません。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、オラクルデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメジャーアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す