SAPは買収トレイルにある可能性があり、共同CEO

SAPの共同CEOであるJim Hagemann Snabe氏は、同社はまだ買収トレンドにいると示唆している。

ドイツのSuddeutsche Zeitung紙とのインタビューで、SAPの長期戦略を概説した。「長期的な成長は、有機的な強さと一元的な成長によって3分の2になるはずだ。買収によって三番目。

Snabe氏によると、買収はビジネスの新しい分野で急速に進展する唯一の方法だという。 “我々は市場シェアを買わず、将来を買います”と彼は付け加えた。

同社は5月にビジネスプロセス管理ソフトウェア「Ariba」を購入し、昨年12月には43億ドルでHRソフトウェアベンダーのSuccessFactorsを買収した。

今月の新たに大量に積み上げられたSAPは、ドイツの最も貴重な会社としてシーメンスを上回り、7月には最高の第2四半期を記録しました。

しかし、SAPは欧州のマクロ経済問題に対して免責ではありません。「状況はさらに厳しくなっていますが、まだわれわれはまだ帆に巻き込まれています。

しかし、共同CEOは、多くの企業が危機の時代にソフトウェアに投資することを決定しており、その年に「私たちが目標を達成すると確信している」と述べた。 2012年のSAPの目標には、ソフトウェアとサービス関連の収益を前年比で10%から12%向上させることが含まれます。

そして、Facebookの進行中の株価の面白さにもかかわらず、Snabe氏は、ソーシャルネットワークをSAPの良い例と見ているが、アプローチの違いを強調した。 「私たちはFacebookよりも重要な問題を解決しています。私たちはおもちゃを作っていませんが、私たちは企業向けのFacebookになるでしょう。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社Vivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業