Samsungがソフトウェアの良さへの道を買う

サムスン電子は現在、スマートフォンやタブレットのギャラクシーシリーズなど人気のあるモバイル機器で利用できるコンテンツの範囲を超えて、顧客に提供するコンテンツ提案を強化するために取得できるモバイルソフトウェア企業を目指している。

ロイター通信は、韓国のエレクトロニクス大手が、特に90億米ドル近くの音楽市場を中心に、デジタルコンテンツ分野でApple、Google、Amazon.comと競合する方法を買収すると発表した。

サムスンのメディアソリューションセンターの姜泰珍(サムスン)メディア担当シニアバイスプレジデントは、「ソフトウエアの互換性を高め、必要に応じて購入するのではなく、購入することだ」と語った。

「ソフトウェアに焦点を当てる主な目的は、お金を稼ぐことではなく、ハードウェアの販売を促進することです。私たちは多くの国でさまざまな携帯電話を販売しており、製品をより良く市場に出すために、追加されました。

同社は5月、米国のモバイル企業であるmSpot社を買収し、そのデバイスで提供される音楽、ビデオ、ラジオなどのクラウドベースのエンターテインメントサービスを強化した。その後、Google Androidの音楽プレーヤー、AppleのiTunes、AmazonのCloud Playerと競合する独自のMusic Hubサービスを構築したという。

「音楽ハブを収益と加入者数で3年以内に世界の上位4つのサービスにランクインしたいと思っており、時間を短縮するために、必要に応じて買収を行う準備が整っている」と語った。潜在的なターゲットを指定することを拒否しました。

同氏は、モバイルビジネスはサムスンにとって本当にうまくやっていると付け加えた。これは、将来の購入に「深いポケット」があることを意味する。

幹部はまた、「GalaxyデバイスにMusic Hubサービスをプレインストールすることは強力だが、それだけでは不十分だ」と述べた。このように、同社は、1カ月間の無料試用やユーザーへの贈り物など、プロモーション活動を積極的に進める予定です。

「私たちは来年初めに新サービスを準備していますが、これらのサービスにより、人々はサムスンがソフトウェアでも良いと思うようになるでしょう。

Canalysのリサーチアナリスト、Jessica Kwee氏は、Samsungがソフトウェアポートフォリオをハードウェアを超えて競合他社と差別化する必要があるため、「必要な動き」として構築するというSamsungの決定をアジアに語った。

Kwee氏は、「コンテンツを使用することで、顧客をさらに増やすことができますが、音楽などのコンテンツをすべての国で利用できるようにすることは容易ではありません。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

M2M市場はブラジルに戻ってくる

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

iPhone:新しいiPhoneをリリースしたときのAndroid所有者の行動、革新、ブラジルでのM2M市場の復活、モビリティ、中国のスマートフォン400ドル?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていない