RightScale:クラウドでWindowsが「使用可能」になりました

RightScaleは、Windowsサポートを提供するための1年間の努力が終了したことを発表しました。しかし、それは容易な仕事ではなかった、と幹部は指摘した。

火曜日にクラウド管理プラットフォームプロバイダは、Linuxと同等のWindows 2003とWindows 2008をサポートしていると語った。同社の最高技術責任者(最高技術責任者)は、MicrosoftがWindowsをよりクラウドに近づけるためには長い道のりを歩んでいると語ったが、Rightscaleの取り組みにより、Linuxに近い動作プラットフォームの性能が実現している。

昨日発表された同社のプレスリリースによると、ユーザーはRightScaleを利用して、ServerTemplate手法と新しいWindows固有の機能を使用して、クラウド内のアプリケーションの導入と管理の複雑さを簡素化し、ソフトウェアアップデートの管理、カスタムスタックの実装、複数のクラウド間の操作などが含まれます。

彼のブログでRightScale CTO Thortsen von Eickenは、Windowsベースのアプリケーションをクラウドに展開したいと望むエンタープライズ顧客が今利用できるメリットを詳しく説明しました。

RightScaleのCTOであるThorsten von Eicken氏は、「サポートは、長い間可能だったEC2上でWindowsインスタンスを起動できることを意味します。」eはLinuxと同等のWindows 2003および2008をサポートします。 RightScaleをすぐに使用できるRightImageを提供し、ダッシュボードで管理し、拡張可能な監視、関連するアラートと自動化をサポートし、WindowsでServerTemplatesをサポートし、さらにいくつかのサンプルテンプレートを提供します。

Thortsen von Eicken氏は、プロジェクト中に発生した多くの技術的課題についても詳述し、MicrosoftにWindowsをよりクラウドに優しいものにするよう働きかけるよう促しました。

Windowsのセキュリティの詳細がブートプロセス全体にどのように波及し、必要な時間が2倍かかるかは興味深い。ネットは、EC2のLinuxインスタンスの起動時間が2006年の典型的な6〜8分から1分未満に低下しているのに、EBSイメージを使用しているときにWindowsの起動時間が約10〜15分になっているということです。マイクロソフトは、高速起動時間がクラウド内の重要な資産であるとの見解を示すことができれば、追加容量や交換用サーバーがオンラインになるのを待たなければならない場合、非常に厄介な多くの自動化が可能になるからです。

それは簡単ではありませんでしたが、最終的な結果はそれに値するものでした。

私は全体として、私たちがどこにいるのかにとても満足していると言わなければならない。つまり、Windowsをクラウドスタイルで確実に使用できるようにしているということだ。つまり、従来の一連のサーバーをクラウド内の同等のサーバーに移行するのではなく、クラウド用のWindowsサーバーを自動化し、ビジネスを実現するためにクラウドの柔軟性を活用することです。途中での摩擦は、Linuxよりも確かに高いですが、ライセンス問題からどこでも、ダブルブートを必要とするメカニックにまで及んでいますが、それは完全に可能であり、マイクロソフトはそれに集中すれば、さらに良い!

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供