FttNのアナログ音声を「賢明ではないかもしれません」と複製する:NBN Co

NBN Coは、連合のファイバー・ツー・ザ・ノード(FttN)代替国家ブロードバンド・ネットワーク(NBN)モデルに基づいて既存のTelstra電話ネットワークの音声サービスを再現することは、政府の資金調達を賢明に利用するものではないかもしれないと、ネットワーク上で音声サービスを提供するためのオプションの評価。

音声サービスの提供は、NBNの構築における「重要な問題」であり、「基本的な決定」であり、建築計画に「優先事項」を付けるべきであると、NBNの共同報告書は、 Malcolm Turnbullの通信大臣は、「NBN Coが現在利用可能なサービスに匹敵する音声サービスを提供することがコストの結果に影響するかどうか」と警告した。

「音声サービスの提供は、NBN CoがCoalition Planを実施する際に必要な収益を生み出す能力に影響を与えます。

NBN Coのレポートでは、アナログ同等の音声サービスを提供する3つのオプションについて概説していますが、音声サービスの収益予測を含むビジネスケースの開発が必要となる可能性があることに注意してください。

Telstraの810万の固定回線サービスは、2011/12年に30億の市内通話と47億の国の長距離通話を処理しましたが、同社の2012年/ 13年の業績は、固定電話収入が前年比9.5%(459百万ドル) 346,000人の固定顧客の損失、および固定サービスEBITDAの6.1%の減少であった。

固定音声サービスの収益が継続的かつ大幅に減少したことを踏まえ、NBNの報告書では、顧客を単にデータとして運ばれる完全なVoIPベースのNBNサービスに移行するのではなく、アナログ音声をサポートする新しいシステムを導入するビジネスケースがはっきりしないと警告しています。

「PSTN音声製品の需要はオーストラリアを含む世界的に減少している」と同報告書は警告している。 「最先端のPSTNネットワークに投資することは、政府の資金調達の賢明な利用ではないかもしれません。

アナログボイスのためのNBN Coの優先オプション

現在のFttPまたは連合が提案しているFttNモデルのNBN Coのノートでは、VDSL2の回線速度が設定されたTC-1とCustomerの速度を超えている限り、音声サービスは顧客にVoIP(Voice over IP)構内機器(CPE)はサービス品質を適切に管理しています。

しかし、政府がアナログ同等のサービスを提供することを義務付けた場合(顧客が既存のハンドセット、ファックス、その他のデバイスをそのまま使用する必要がある場合)、アーキテクチャは大きく異なる必要があります。

「PSTN音声製品の需要は、オーストラリアを含む世界的に減少しています。最先端のPSTNネットワークに投資することは、政府の資金調達の賢明な利用ではないかもしれません。

NBN Coは、「FTTNアーキテクチャでのアナログ(または同等の)サービスの提供はより複雑です」と警告しました。

このレポートでは、現在Telstraの交換所に設置されている音声ラインカードの導入により、顧客に卸売された音声サービスを提供することを推奨するオプションがFttNのコンテキストで音声サービスを提供するための3つのシナリオを検討しました。連合の代替NBN計画の下で全国に設置される予定です。

このアプローチにより、NBN Coは、中断を最小限に抑えて固定回線サービスを顧客に提供し、現在行われているように、これらのサービスを第三者の電気通信事業者に再販することができます。同社は、完全NBN Co管理ソリューションがVoice over IP(VoIP)技術を活用することを銘記し、この技術をエンドユーザの顧客に拡大するには、「アクセスシークャが音声サービスを提供するための新しい機能セットとインターフェイスの開発が必要」と警告した。 ”

これには、ラインカードとアナログエンドユーザ機器間のコールを管理できる、セッション開始プロトコル(SIP)プロキシ(VoIPアーキテクチャの基本的な部分)の開発が含まれます。 SIPプロキシ機能は、現在のFttPアーキテクチャで使用されているネットワーク終端装置(NTD)に既にハードコードされています。

また、NBN Coを音声サービスの卸売業者として位置づけるためには、IPプロトコルトラフィックが管理されるネットワークレイヤーであるOSIレイヤー3を運用する必要があるため、このアプローチも問題になります。これは、NBN Coの長年にわたる設計要件に違反し、OSI Layer 2(卸売りモデルがNBN Coではなく小売サービスプロバイダが独自のサービスを提供することを指示するデータリンク層)でのみ動作することになります。

また、NBN Coが優先するのは、ラインカードをTelstraと直接統合することです。これにより、NBN Coはレイヤ3サービスを処理できなくなり、Telstraは競争力のある通信事業者を通じて顧客に卸売り音声サービスを提供します。

しかし、ラインカードをFttNノードに統合すると、FttNノードをより大きくし、追加の機器を収容するために電力消費を増加させる必要性を含む新たな問題が生じる。

テルストラ交換局からFttNノードへのラインカードの移動は、ノードでの銅線切断によって可能になり、すべてのノードにラインカードを取り付けることになります。これは、キャビネットがDSLAMに加えてラインカード機器を収容する必要があることを意味します、FTTP機器、パッチパネル、バッテリバックアップを含む電源などが含まれます。

問題は、ストリートサイドキャビネットのアメニティを分析の中で12の重大な問題の1つと特定し、FattNの加速スケジュールを満たすために連合が解決を要求する。

ラインカードをFttNノードに統合することは、FttNノードをより大きくし、追加の機器を収容するために電力消費を増加させる必要性を含む新たな問題を招く。

その他のオプション

NBN Coが検討している音声サービスの第2の選択肢は、SIP機能を顧客構内に移し、既存のアナログ音声機器をNTDに差し込むことを可能にする、モデムベースの卸売ソリューションを提供することである。これは、既存のアナログ機器をプラグインできる2つのUNI-Vポートを提供する現在のFttPロールアウト機能を反映します。

しかし、このアプローチでは、NBN Coスタッフによる個別の訪問がすべてのインストールで必要となるため、FttNの導入の全体的なコストが大幅に増加するため、コストが大幅に増加します。 NBN Coは別々に、政府に助言し、ネットワークを一挙に展開することであらゆる前提に必要な訪問数を減らすように指示しました。

また、NBN Coは「FttN導入の開始時間に影響を与える」と警告し、プロジェクトの設備投資コストを増加させるため、適切なモデムを各構内に設置する必要があります。さらに、このアプローチは、移行日前に機器を受け取らなかった顧客を繋ぎ止める危険性があります。

モデムのインストールに対する責任は、RSPに負担をかける可能性がありますが、これは「標準の問題につながり、RSPコストを増加させる可能性があります(最終的にエンドユーザに渡される可能性があります)」。

NBN Coの評価では、最終的な選択肢は、既存の取引所から卸売された音声ソリューションを引き続き提供し、既存の銅線網を効果的に永続させることです。しかし、このアプローチは「Telstraの現在の構造分離義務と矛盾している」と指摘し、政府の$ 11b Telstra確定契約の価値と再交渉に「影響を与える」と述べている。

最初のオプションは、ノードにラインカードをインストールすると、CPEをインストールするよりも大幅に高速で、コストがかからず、配信リスクが低くなることが予想されるため、好ましい」と報告書は指摘する。しかし、音声ソリューションを提供するNBN Coの能力は、同社がTelstraの銅線ネットワークにどのようにアクセスするかによって決まります。カットオーバーと移行のシナリオに適切な配慮が必要です。

Turnbullはこれまで、「完全に政治的」かつ「古くても」のような報告書を棄却し、その後の証拠とは反対に、彼のネットワークのコストと技術モデルの詳細がすぐに明らかになると約束した。

Turnbullは最近、戦略的レビューの結果を受けたが、公開を延期し、電話を拒否し、上院が文書を公開するようにした。報告書は今は、リリースされる予定で、それは後で今日です。

NBN Coは、秘密報告書に対するコメントの要請に応じなかった。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

ACCCは、OTT、NBN、モバイルデータの競争効果に関する提出を求める