1Eは7月中旬までにサーバパワーマネージャの新版を計画

電力管理ソフトウェア開発者1Eは、仮想化された環境のニーズに応じた余分な宿泊施設を含む最新バージョンのNightWatchman Server Editionを出荷しようとしています。 1Eは、VMwareとMicrosoftの緊密な開発パートナーです。

同社のソフトウェアは、ソフトウェアがIT組織が有用な作業のコンテキストでサーバーの電力使用を管理するのに役立つということです。言い換えれば、システムがDrowsy Serverモード(迅速に必要となる可能性があるため)に配置されるべきであり、より厳しい方法で電源が落とされるべき本当の理由がある場合です。サーバーソフトウェアには、仮想ホストが非効率的に使用されているかどうか、または非効率なワークロードのために電力が無駄になっているかどうかをチェックする中央レポートダッシュボードが含まれています。また、Windows、Solaris、および複数バージョンのLinux(SUSE、Red Hat、Ubuntu)を含む複数のオペレーティングサーバオペレーティングシステムもサポートしています。

1EのプロダクトマネージャであるAndy Hawkins氏は、NightWatchman Serverエディションで作成されたデータは、従来のシステム管理ツールで「消費」できると述べています。 1Eはサブスクリプションモデルまたは永久ライセンスモデルを提供していますが、Hawkinsは特定の価格設定を提供することを拒否しました。

リソースに関しては、エネルギーを節約するためにAllianceと提携して作成されたサーバーのエネルギーと効率についてのこのレポートをチェックしてください。同社はまた、1E電力管理技術を使用する企業に関するいくつかのケーススタディを作成しました。

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す

開発者、Google、Apigeeを6億2,500万ドルで買収、ハードウェア、Raspberry Piが1000万回の売上高を記録、「プレミアム」バンドルで賞賛、セキュリティ、Adobeが4年後のLinuxでNPAPI Flashを再活性化、ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズム、 Zipの背後にある技術を置き換える