雲の中にはITを迂回するものもありますが、誰かがまだライトをオンにしておく必要があります

IT部門はクラウドによって作成されたすべてのゴミに残っていますか?これから出てくる良いものはありますか?

これは、Sharon Gaudinが投稿したComputerWorld記事の最近の記事の要点であり、業界アナリストやオブザーバーと相談して、自分のIT部門に頼るのではなく、ビジネスマンがソリューションのためにクラウドにどのように向かうのかを話しました。

分析担当者は1つのことについて合意に達しているように見えます。IT部門は、シャドーITと戦うべきではなく、そのような実装を最大限に活用するためのガイダンスとコンサルティングを提供するべきです。これを行う最善の方法は、強力なクラウドガバナンスポリシーを設定することです。ガートナーのアナリストであるLydia Leong氏は、ITリーダーは「承認されたプロバイダとサービス契約を締結し、情報の安全性を確保するためのコントロールを設定する必要がある」と述べています。 「あなたはこれをすることはできません」と言っているだけです。

ITがこの動きの前に出なければならないことは明らかです。ビジネスをその選択肢でサポートすることはITに任されています。オプションは、エンドユーザーが容易にアクセスできる選択肢を提供する、サービスカタログまたはエンタープライズアプリケーションストアを開発することです。

同時に、物事を見通し内に保つことが重要です。 IDCは、全世界のIT支出は今年、2.1兆ドルに達すると予測しています。このうち、1000億ドルは雲になるでしょう。クラウドやその他の「新しいIT」要素(モバイル、社会、データ、物など)がIT支出の最も急速な要素である一方で、クラウドの1,000億ドルのシェアはIT支出の約5%に過ぎない。

それ以外の95%?メンテナンス、ストレージ、セキュリティ、内部サービス、開発 – すべてのものは誰かが守る必要があり、誰かがITです。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束