調査:大規模データソリューションを導入している大企業の49%

ビッグデータとIoT(Internet of Things)は、急速に成長している2つの技術力であり、多くの場合データの収集に協力しています。

大きなデータの約束は、組織が内部的および外部的にデータをコンパイルするために接続されたデバイスを使用する能力にあります。大規模なデータ分析を行うコストは今年は下がると予測されており、組織は市場や業務データを収集することがより現実的です。

 2015年に企業が大きなデータとIoTをどのように利用しているかを調べるための調査を実施しました。この急速に進化する景観の中で何が変わったのかを知るため、2016年1月の新しい調査でトピックを再検討しました。

ビッグデータとIoT:利点、欠点、使用傾向の完全なレポートをダウンロードしてください。

今年のフォローアップ調査では、IoTを使用してデータを収集する過程や落とし穴がどのように経験されたかなど、2015年と同じ概念を検討しました。カバーされるトピック

第1の目的は、実装がどこで実施されたかを評価することによって、大きなデータが使用されている場所を評価することでした。この調査によると、29%が大きなデータソリューションを導入しており、もう1社は61%が導入していない。これらは昨年とほぼ同じ数字です。

大規模な組織は小規模の組織よりも大規模なデータ導入を実行する可能性が高いため、企業規模は重要です。実際、1,000人以上の従業員を持つ企業の回答者は、大きなデータを配置していない企業の約1.5倍(49%対35%)の回答を得ています。これらの組織の4分の3に大きなデータソリューションはありません。

地域も重要です。アジア太平洋地域に所在する組織が、組織を報告していないよりも頻繁に回答した回答者は、2番目に高いランキングであるヨーロッパよりも19%高い、大規模なデータ実装を受けていました。逆に中南米では大きなデータはまれです。

大きなデータはIoTと連携しているため、誰がIoTシステムを使用してマーケットや運用データを収集しているかを把握することもできます。回答組織の5分の1(21%)がIoTを使用していると回答し、35%がすぐに開始すると回答しています。

企業規模に関わらず、1,000人以上の従業員を抱える組織の回答者の33%のみが、現在または計画されているIoTシステムの実装がないと回答した(他の組織の59%、47%、46%)。大きなデータの場合と同様に、大規模な組織は、外部または内部のデータを収集するために、ある種のIoTシステムを実装したか、または実装する予定がありました。

しかし、大きなデータとは異なり、IoTは小規模企業ではなく、中小企業(50-249人)および中規模企業(250-999人)で使用される可能性が最も低いこれは、IoTが大きなデータよりも小さな企業でより多くのフットプリントを持つのに対し、2つの中間の範囲では逆に適用されることを示しています。

ビッグデータとIOTの詳細については、TechProResearchのBig Data and IoTレポート:利点、欠点、使用傾向の全文をダウンロードしてください。

市場データのIoT収集、IoTデータ収集、IoT予算と従業員数、データセキュリティ、IoTデータ収集の利点と欠点

TechProResearchは、ウェブサイトとelaptopcomputer.comのプレミアムコンテンツの姉妹サイトです。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実の低さを自動化することを目指しています

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任