緑のデータセンター – 暴力団?

ニュース分析データセンターは、過度の消費電力に対処する際にIT業界が目にした最初で最も明白な場所です。しかし、業界で最もパワフルなパワーユーザーは「グリーンになる」ことができますか?

データセンターは、過度の消費電力に対処する際にIT業界が目にした最初で最も明白な場所です。

シスコ・オーストラリアのビジネス開発マネージャー、Brad Engstrom氏は、「データセンターは最大限のコンピューティングである」と語っています。「Googleを見てみましょう。

多くの組織では、サーバ容量の使用を最大限に活用するために仮想化を使用することで、ラックあたりの電力消費量はラック当たり20,24,40キロワットにもなります。

冷却ベンダーEmerson Network Powerの国家製品管理者Mark Deguaraは、24キロワット時に、このようなラック構成では、600ワットの標準40ワットライトグローブ、12トースター、または10オームの電気オーブンと同じエネルギーを使用していると指摘しています。

「1ラックあたり20キロワットのデータセンターを利用しており、1ラックあたり30キロワットを見ているクライアントと、1ラックあたり50キロワットの別のクライアントが部屋を築いています。 ”

データセンターで消費電力が増加すると同時に、いくつかのハードウェアベンダーは、競合他社との差別化手段としてITの「グリーン化」を利用しています。

しかし、データセンターが膨大な量の電力を噛んでいると、データセンターを「グリーン」と考えるのは多少の矛盾ですか?

エマソンネットワークパワー社のマネージングディレクター、デビット・スコット氏は、次のように述べています。「われわれ全員ができることは明らかであり、エネルギー効率を最大化するためには矛盾ではありません。 ITハードウェアのサプライヤは、より少ないエネルギーで、したがってエネルギー効率を改善する新しい機器を継続的に供給しています。

Intel Solution Servicesの地域ディレクター、Barrie Williams氏は、「グリーン」は単なる概念であり、絶対的ではないということを覚えておく必要があると述べました。

彼が主張したように、データセンターは、そうでなければ手作業で分散して処理されるアプリケーションをより効率的に処理するという点で「グリーン」とみなすことができます。効率的なデータセンターは、実際には他の場所で実行される電力効率の低い仕事をオフセットしているという。

「データセンターは電力に非常に飢えていますが、他の製造業や小売業を見ると、サプライチェーン全体でエネルギー効率の問題が本当にあります。

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

“小売業の組織と、スーパーマーケット内で商品を輸送して商品を冷やす方法を考えると、データセンターはたった1つのコンポーネントに過ぎませんが、非常に空腹ですが、最も空腹ではありません。

シドニーのデータセンター設計専門家3iGroupのKris Kumar博士は、データセンターのエネルギー効率を向上させる方法を50か100の方法で考えることができますが、データセンターが「グリーン」になることは「達成するのが実質的に不可能」であると述べています。

「飢えた獣は本当の意味では緑色にはならない」とクマー氏は語る。

データセンターを「緑色」と呼ぶのは、四輪駆動車が緑色であることを示すようなものです。これは燃費が少し向上するからです」とシスコのEngstromは付け加えました。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ