私の会社のデータを売る?私をオファーにする

新しい調査によると、大多数の企業は、ハニーポットが十分に甘い限り、従業員は機密情報に基づいて販売すると考えています。

2013年マーケット・パルス調査であるLoudhouseの調査では、5,000人以上の従業員を抱える企業で、米国と英国の400人のIT役員の意見を集めました。この調査では、BYOD(デバイド)とクラウドコンピューティングの世界で企業がデータを保護しようとしているだけでなく、45%がドキュメントを喜んで持ち上げて適切な価格で販売すると考えている。

調査(.pdf)によると、インサイダーの脅威は、外部からのサイバー攻撃と同じくらい心配しています。 IT管​​理者の半数近く(46%)が、ユーザーアクセス特権に対する内部統制が有効であるとは考えていないと回答しており、同じ割合の従業員が組織に参加または離職したときにアクセスを許可および取り消す能力に自信を持っていません。

回答者の半数以上が、従業員がアクセスできないはずの社内文書を読んだり、見たことがあると認めました。さらに、半数以上の企業が退職後、企業システムにアクセスしようとしていた元従業員を経験しています。

内部アクセス管理は、クラウドコンピューティングやBYODスキームなどの新しい傾向によって悪影響を受けています。既に存在するセキュリティ問題が悪化し、コンプライアンスの問題がIT部門にとって新たな課題を生み出しました。これらの新しいテクノロジは企業の柔軟性と自由を向上させることができますが、複雑なシステムとBYODデバイスによって生成されるネットワークへの新しいアクセスポイントの数が、セキュリティチームにとって終わりのない頭痛を引き起こす可能性もあります。

53%の企業の半数以上がセキュリティの失敗に苦しんでおり、51%が別のデータ違反が発生する前は「ただの時間」であると認めています。アンケートの回答者は、セキュリティ問題に関わる重大な問題は、全システム(45%)、ITサポート(43%)、新技術の管理不能(40% 。

さらに、企業の82%が従業員が自社のデバイスを使用できるようにする一方で、従業員が退去するとデバイスからミッションクリティカルなデータを自動的に削除するのは41%に過ぎず、ガジェットには6%のデータが残されています。

コアとなる問題は、スタッフに対する信頼の欠如ではなく、ITシステムへの信頼の欠如です。この調査では、企業ネットワークでは、「完全にIDとアクセスを管理できない全体的な失敗」と述べています。声明の中で、SailPointの設立者であるジャッキー・ギルバート氏は、

多くの組織は「誰が何にアクセスできるのか」を管理するのに苦労しています。企業全体で私たちの調査によると、クラウドとモバイルの技術の採用が増えているので、問題は著しく悪化しています。今日、クラウドとモバイルのアクセスを積極的に管理していないと、詐欺、データ盗難、セキュリティ侵害のリスクが増大することは明らかです。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促し、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者