テレコムの世界を変える2文字の頭字語

来週バルセロナで開催されるモバイルワールドコングレスでは、スマートフォンやウェアラブルデバイスに焦点を当てることがほとんどですが、通信業界で起こっている最も重要な変更のいくつかは見つけにくいでしょう。

これらの新しいガジェットや、コミュニケーションが必要なInternet of Thingsの登場など、従来のテレコムネットワークを圧迫しています。

何百万人もの人間が音声通話をするように設計されたネットワークアーキテクチャは、数十億のデバイス(または「物」)がほぼリアルタイムで通信することを確実にするのには適していません」とガートナーアナリストは警告しています。クラウド中心のソフトウェア主導型インフラストラクチャでは、

これにより、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)および/またはネットワーク機能仮想化(NFV)という2つの特殊文字の頭字語がスポットライトに追加されます。

NFVはネットワーク機能をスワップ可能なビルディングブロックに仮想化しますが、SDNは制御プレーンとデータプレーンを分離します。アプリケーションの2つの組み合わせは、特定のハードウェアに結びついておらず、ネットワークリソースを共有できます。

ガートナーのリサーチディレクターのマルティネス・クルト(Marine Kurth)氏は、通信会社は、SDNとNFVが従来の物理ネットワークから汎用データセンターハードウェア上で実行されるソフトウェア主体のオペレーションに大きくシフトしていることから、 。

このように、SDNとNFVは、オペレータが顧客にサービスを作成、管理、提供する方法を変更し、内部組織構造、ネットワーク、ITプロセスの変更、新しいスキルセットの変更も必要となります。

要するに、ネットワーク機能は、データセンター内の任意のコモディティサーバー上で実行されるコードを切り替えるだけで有効になり、通信会社はサービスをリアルタイムで自動的にオンとオフに切り替えることができます。

つまり、今日のIoTと仮想化およびソフトウェア主導型のインフラストラクチャとのM2M通信の世界を取り上げると、これにより将来、広範囲になる複合サービスが可能になると、Kurth氏は述べています。

「SDNとNFVは、新しい収益源を創出し、新しい市場機会を活用するために必要なクラウド中心の運用インフラストラクチャを提供しています。

これは、IT管理者にとって大きな変化をもたらします。 「これは一晩で起こることはない」とKurth氏は語った。 「これはすべて大きな変化を意味し、ネットワーク事業者はインフラストラクチャに大きな投資をしており、まさにそのように落ち込むだけではありません。

しかし、彼らはすでにそれについてくる方法を学んでいます。 「AT&Tは、ネットワークエンジニアに、理解してもらいたいソフトウェアインフラストラクチャーを教える大きなプログラムを進めている」と同ウェブサイトに語った。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます

参考文献

ラズベリーパイとArduinoビルドのWindows 10 IoTの長所と短所

ACMAの議長は、IoT、M2Mスペクトルの必要性を強調

UNSW、データ61、Ciscoは農業IoTセンターのためにチームを組む

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、