サムスンは工場で働くことで病気の労働者を補うために

サムスン電子は、スマートフォンメーカーの半導体製造工場で働いていると明らかに死亡した、あるいは白血病を発症した従業員に対して、「適切な報酬」を提供することを約束している。

この動きは、関連するすべての訴訟を取り下げたことを意味し、サムスンのチップ製造現場で働いている間に癌を発症した複数の従業員の死亡の責任を否定する年を終えた。

サムスン電子の共同CEOである権オヒョン(クォン・オヒョン)副会長は、「三星電子は、犠牲者とその家族の苦労を無視して、問題を早急に解決しなかったことに対して、ソウルのメディアブリーフィングで地元の記者団に語った。

労働者は白血病やその他の難病に罹患し、一部は死亡した。クォン氏は、「三星電子の工場で働くことで、仕事に関連した病気で苦しんで死亡した従業員に対して、適切な報酬を支払う」と述べた。

コンシューマエレクトロニクスの子会社は、グループの財務的な牛であり、2013年にサムスンの総収入と収益の75%以上を占めています。ビジネスユニットはスマートフォン事業とメモリチップとテレビで構成されています。

Samsungの最新のスマートフォンは、前任者とまったく同じデザインを保持しているかもしれませんが、多くの新機能と高度な技術が組み込まれています。それはそれがどのように見えるかです。

地元のロビー団体である半導体業界の人々の健康と権利の支持者(SHARPS)によると、サムソンの従業員は少な​​くとも26人が血液がん、特に白血病とリンパ腫を発症しており、10人が死亡した。

2007年には、2003年10月に喜興(キムヒョン)工場に勤めていたファン・ユミが2005年に白血病と診断され、2007年3月に23歳で死去した。

被害を受けた労働者の家族は、過去7年間に三星(サムスン)を裁判にかけた。 2011年に2家族が補償訴訟を勝ち取ったが、三星は控訴を提訴した。

水曜日のターンアラウンドは、サムスンの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が今週初めに心臓発作に苦しんで病院に残っていることによる。

韓国のスマートフォンメーカーによると、2011年以降、生産施設の労働条件を改善するために9000万ドル以上を費やした。

小規模野党司法党の代表である地元政治家シン・サンジョン(Sim Sang-jung)氏は、最近、サムスンが被災した労働者に謝罪し補償する法案を提案していると述べた。

サムスンの世界的なスマートフォン出荷台数は8,500万台、2014年の第1四半期では2億8,150万台の市場規模をリードしています。 2位のAppleは4,370万ドルを出荷した。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットにより強力なチップの需要が生まれる、データセンター、NVIDIA、バーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、AMDがZenとIntelの優位性を打ちのめす

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す